スクリプトの話

昨日は講習はお休みだったものの、例によって休みなのをいいことに面接を詰め込んでしまったので更新をさぼりました…orz
というわけで、今日はまたホームページを作成するにあたって、昨今の流行であるプログラム系を勉強しておくといいよっていうお話です。

手遅れになる前に!Webディレクターがプログラミングを学ぶ時に使いたいサイト10選 | Find Job ! Startup

一昔前いわゆるホームページ、自分のウェブサイトを作るのが猛烈にはやった時代がありました。ちょうど2000年くらいでしょうか。Windowsがある程度定着、広まってWindowsMeやら98が続々と登場している頃ですね。
当時はまだCSSなどはもちろんなく、基本的にHTMLのタグは直接打ち込んでウェブページを作ってました。

2013年の今では、HTMLは基本的な構造を組立、見た目はCSSで装飾し、動きはJavaScriptで実装するというのがメインストリームになっています。テーブルだけでコンテンツを配置してたのは邪道だと先日断言されてしまいましたよ…。
というわけで、うえで紹介したサイトは自分で全部プログラムを組み立てる必要がなくても、ウェブに携わるのであれば一見の価値があるものとなっています。

オススメはやはりドットインストールです。動画で順番がわかるようにテキストが記述されるのはやはりわかりやすいです。それに無料だし…。登録するとどこまで自分が勉強したかも記録を保存することができますし、ひとつの単元が3分程度と短いので、ちょっとずつ勉強するにも向いています。

広告

グラデーションのはなし

Lesson 03 グラデーションでつくる印象的な見出し – HTML5+CSS3 次世代Webコーディングの超・最新動向・CSS3編 – MdN Design Interactive

自分は講習やらで背景にグラデーションをかけるには、画像を連続的に配置して色の連続性を出すようなことをしてましたし、教わりました。
しかし、新しいCSSのバージョンである3では文字で指定をすると同じようにグラデーションをかけることができるそうです。ただ、うえのリンクで何パターンか試してみたところなかなかうまく行かないことがありました。
…この辺りがまだまだ素人だなぁってところですね。

というわけで違うものを見つけました。
CSS3 Generator – By Peter Funk & Eric Hoffman
カラーの指定を入れるとソースを出してくれるっていう便利なやつです。それで表示されたソースをCSSでに書き入れればいいだけ。いやはや便利になりました。本当は自分でかけるようにするのがいいんですけど、何回か使って書き方の手順を覚えればいいや…と(笑)